保険 貯蓄

保険料の支払いを優先する?それとも貯蓄の方が大事?

スポンサードリンク

 

 

保険料の支払いよりも、貯蓄が大事です!
「保険に入っていれば安心」と考えがちですが、
保険に頼りすぎることは危険です!

 

 

月々の収入を保険料の支払いに回し過ぎてしまうと、
必要な資金や想定外の出費や老後の資金などにかかるお金が
不足してしまうかもしれません。

 

 

保険でまかなえるリスクは、契約時に約束されている部分だけで、
日常に起こるすべてのリスクには対応できません。

 

 

どのようなリスクにも対応できるようにするには、貯蓄することです。
貯蓄が増えると、保険でまかなわなくてもよいわけです。

 

 

保険は、貯蓄ではまかなえないほどの大きな出費となる
“まさかの事態”に備えるために加入するものなので、
貯蓄がたくさんある人には、本来は不要なのです。

 

 

死亡したときや病気やケガで入院したときには、
保険でカバーすることができますが、
必ずしもそれが起こる確率は高くありません。

 

 

病気やケガの場合は、公的保障や
勤務先などから受けることのできる保障があります。

 

 

「高額療養費制度」を活用すれば、
実際に支払う額はそれほど高くありません。
また、世帯主が亡くなった場合には、遺族年金があります。

 

 

医療費や生活費などが、
高額療養費制度や遺族年金ではまかなえないと思うのであれば、
その不足分だけの保険に入って、不測の事態に備えるようにしてはどうでしょうか。

 

 

保険は、万が一の事態が起こったときに、
生活が困らないようにと加入するものです。

 

 

保険のセールスレディに勧められるがまま保険に加入すれば、
ムダの多い保険になってしまうかもしれません。

 

 

保険に入れば、入院費などの保障は得られますが、
長年にわたって毎月確実に保険料を払い続けることになります。

 

 

保険に入らずに貯蓄すれば、何もなかった場合、そのまま貯蓄が残りますし、
あらゆる経済的リスクが発生したときでも
貯蓄で対応することができます。

 

 

もしも貯蓄だけでは不安ならば、安い保険料で備えるようにして、
貯蓄に励んだほうがいいと思います。

 

 

保険に加入するときは、
今のあなたやあなたの家族が必要とする保険に
加入するようにしてはどうでしょうか。

 

保険のプロに無料で相談することもできますよ。

 

全国各地で対応可能な無料相談はこちら>>驚異の満足度96%!保険マンモス

 

 

>>「生命保険の基本は3種類|保険の知識を身につけよう!」のページに進む

 

>>「生命保険料を格安にするには?|見直すことで無駄が省けます!」TOPに戻る

 

 

スポンサードリンク

 


TOP 生命保険料を節約するには? 保険か貯蓄か 保険の主契約・保険の種類 生命保険見直しポイント