高額療養費制度 70歳以上

保険マンモス

高額療養費制度で70歳以上は医療費の負担がさらに軽くなる!

 

70歳以上の方の高額療養費は、もっと手厚くなります。

 

同じ月内に自己負担限度額を超えて医療費を支払った場合、
その超えた額を高額療養費として支給してもらえます。
(ただし、食事代、差額ベッド代など、保険診療の対象とならないものは除く)

 

 

70歳以上の方の自己負担限度額

所得区分

外来のみの月の自己負担限度額 (個人単位)

入院があった月の自己負担限度額 (世帯単位)

 

一定以上所得者

 

 

44,400円

80,100円 【実際にかかった医療費が267,000円を超えるときは超える額の1%を加算】
多数該当の場合は44,400円

一 般

12,000円

44,400円

低所得者U

8,000円

24,600円

低所得者T

8,000円

15,000円

 

*一定以上所得者とは、
 市町村民税の課税所得(扶養控除など各種控除後の額)が
 145万円以上の70歳以上の国保加入者と、
 その方と同じ世帯の70歳以上の国保加入者をいいます。
 課税所得が145万円以上でも、
 同じ世帯の70歳以上の国保加入者の収入の合計が、
 520万円(世帯内に他の70歳以上の方がいない場合383万円)未満の方は、
 申請により1割負担となります。

 

*低所得者Uとは、世帯主及び世帯員全員が、住民税非課税の方

 

*低所得者Tとは、世帯主及び世帯員全員が住民税非課税で、
 かつ、収入から必要経費・公的年金控除などを差し引いた額が、
 0円となる方(公的年金控除は80万円で計算)

 

 

70歳以上の方の場合、「限度額適用認定証交付申請」の
手続きをする必要はありません。

70歳以上の場合は、高額療養費(公費負担分)は医療費からすでに差し引かれ、
病院からは自己負担限度額のみが請求されます。

 

 

>>「保険料の支払いを優先する?それとも貯蓄の方が大事?」のページに進む

 

>>「生命保険料を格安にするには?|見直すことで無駄が省けます!」TOPに戻る

 

 

 

 


TOP 生命保険料を節約するには? 保険か貯蓄か 保険の主契約・保険の種類 生命保険見直しポイント