生命保険とは?わかりやすく説明すると

生命保険とは?わかりやすく説明すると

スポンサードリンク

 

 

生命保険とは、どのような保険なのか、わかりやすく簡単に説明します。

 

 

生命保険とは、人の死亡または一定の年齢までの生存を条件として、
一定の金額を支払うことを約束する保険のことです。

 

 

生命保険は、

 

・死亡保険(被保険者が死亡した場合に保険金が支払われる保険)
・生存保険(満期の時点で被保険者が生存しているときに保険金が支払われるもの)
・混合保険(2種類以上の保険を組み合わせて一つにした保険の契約のこと。死亡保険と生存保険
      とを合わせた養老保険など)

 

に分けられます。

 

 

日本の生命保険は、民間で営まれる保険会社のほか、国が実施している簡易生命保険
および農業協同組合などの生命共済があります。

 

 

生命保険には、

 

・定期保険
・終身保険
・養老保険
・定期保険特約付終身保険
・子ども保険
・個人年金保険
・変額保険

 

など、さまざまな種類の保険があります。

 

 

生命保険に入ろうと思っていても、あまりにも種類がたくさんありすぎて
どの保険を選んでよいか分からない方も多いのではないでしょうか。

 

 

そして、保険の仕組みなどは一般の人にはよく理解できていない人も
多いのではないでしょうか?

 

 

保険は複雑でわかりにくい、と思っている方もおられると思います。

 

 

生命保険は車や家に次ぐ高額の出費といわれていますが、
そもそも本当に自分に合った保険の選び方がよくわからないですよね。

 

 

生命保険は、不測の事態に備えて加入するものだと言われても、
無駄な保険には入りたくないですよね。

 

 

最近は、保険の無料相談ができるところがたくさんありますので、
そのようなところで相談してみると、
自分に合った保険が見つかるかもしれませんね。

 

全国各地で対応可能な無料相談はこちら>>驚異の満足度96%!保険マンモス

 

 

本当に自分に合った保険以外に加入することはお金の無駄になるので、
避けた方がよいと思います。
その分、貯蓄に回した方が賢いと思います。

 

 

>>「生命保険料を格安にするには?|見直すことで無駄が省けます!」TOPに戻る

 

 

スポンサードリンク

 


TOP 生命保険料を節約するには? 保険か貯蓄か 保険の主契約・保険の種類 生命保険見直しポイント