生命保険料 平均額

生命保険料の平均額は?年齢別・収入別ではいくらでしょうか?

スポンサードリンク

 

 

生命保険の保険料の相場とはいくらぐらいなのでしょうか?
生命保険文化センターが調査した、保険料の相場のデータです。
生命保険に加入するときの参考になると思います。

 

 

保険とは「万が一のときのための保障」であって、
高額な保険に入っていれば安心というものではありません。
それを保険のプロに相談すると明らかになると思います。

 

 

実際に生命保険に加入するときは、今のあなたに必要な保険だけを選んで
加入しましょう。

 

 

■世帯主年齢別の保険料の平均

世帯主の年齢 年間の保険料

 

29歳以下

 

 

25.9万円

 

30歳〜34歳

 

35.6万円

 

 

35歳〜39歳

 

 

40.0万円

 

 

40歳〜44歳

 

 

54.3万円

 

 

45歳〜49歳

 

 

58.6万円

 

 

50歳〜54歳

 

 

57.9万円

 

 

55歳〜59歳

 

 

61.6万円

 

 

60歳〜64歳

 

 

58.7万円

 

 

65歳〜69歳

 

 

53.3万円

 

 

70歳以上

 

 

48.2万円

 

 

■収入別保険料の平均

世帯収入 年間の保険料

 

200万未満

 

 

32.4万円

 

 

200〜300万

 

 

36.5万円

 

 

300〜400万

 

 

41.7万円

 

 

400〜500万

 

 

43.7万円

 

 

500〜600万

 

 

51.6万円

 

 

600〜700万

 

 

50.7万円

 

 

700〜1000万

 

 

58.2万円

 

 

1000万〜

 

 

81.4万円

 

 

 

■地域別の保険料の相場

地 域 年間の保険料

 

北海道

 

 

44.2万円

 

 

東 北

 

 

50.4万円

 

 

関 東

 

 

55.4万円

 

 

北 陸

 

 

55.0万円

 

 

中 部

 

 

52.5万円

 

 

近 畿

 

 

50.5万円

 

 

中 国

 

 

55.3万円

 

 

四 国

 

 

45.1万円

 

 

九 州

 

 

52.7万円

 

 

 

■死亡保険の保険金額の相場とは?

 

次のデータは、死亡保険の保険金額の相場です。
生活保険文化センターが調査した「生命保険に関する全国実態調査(平成21年度)」では、
世帯主の死亡保険金額の平均額は、1,768万円となっています。

 

 

■世帯別の死亡保険金額の平均

世帯主の年齢 死亡保険金額 (万円)

 

29歳以下

 

 

1,702.3

 

30〜34歳

 

2,138.0

 

 

35〜39歳

 

 

2,407.9

 

 

40〜44歳

 

 

2,581.0

 

 

45〜49歳

 

 

2,366.2

 

 

50〜54歳

 

 

2,401.8

 

 

55〜59歳

 

 

1,978.1

 

 

60〜64歳

 

 

1,378.5

 

 

65〜69歳

 

 

959.4

 

 

70歳以上

 

 

778.3

 

 

平  均

 

 

1,767.9

 

 

世帯主の死亡保険金を年齢別に見てみると、退職するまでは
2,000万円程度の加入となっています。
35歳〜54歳は2,500万円前後の加入となっていることがわかります。

 

 

■年収別の保険金額の相場とは?

 

年収別の保険金額の相場とはどのくらいなのでしょうか?
生活保険文化センターの「生命保険に関する全国実態調査(平成21年度)」)によると、
年収と保険金はほぼ比例していることがわかります。

 

 

■年収別の保険金額の平均

年  収 保険金額 (万円)

 

200万円未満

 

 

1,047.8

 

 

200〜300万円未満

 

 

1,014.4

 

 

300〜400万円未満

 

 

1,492.3

 

 

400〜500万円未満

 

 

1,880.4

 

 

500〜600万円未満

 

 

2,268.6

 

 

600〜700万円未満

 

 

2,422.4

 

 

700〜1000万円未満

 

 

2,601.2

 

 

1000万円以上

 

 

3,116.8

 

 

不  明

 

 

1,302.6

 

 

 

表を見てみると、年収が200万円未満と200〜300万円未満では、
いずれも1,000万円ちょっととなっていますね。
年収が300万円を超えると、収入に応じて保険金額がアップしています。

 

 

収入が多い家庭は貯蓄がそれなりにあると思います。
逆に、収入が少なければ、貯蓄も少ないと思います。

 

 

本来は、収入も貯蓄も少ない家庭こそ、保障が充実している保険に
加入したほうが良いのかもしれません。

 

 

>>「生命保険の入り方 複数の会社の商品を比べて希望に沿うものを」のページに進む

 

>>「生命保険料を格安にするには?|見直すことで無駄が省けます!」TOPに戻る

 

 

スポンサードリンク

 


TOP 生命保険料を節約するには? 保険か貯蓄か 保険の主契約・保険の種類 生命保険見直しポイント