子供 独立 夫婦

子供が独立して夫婦だけになったら必ず生命保険の見直しを!

スポンサードリンク

 

 

子どもが独立したなら、
このタイミングでいま加入している保険をしっかりとチェックし、
ムダをカットして、お金を今後に活かしましょう。

 

 

子どもが独立するまでは、死亡に備えた保険加入でしたが、
子どもが自立をした後は、長生きに備えて、
夫婦の老後資金を貯める方向に変えていきましょう。

 

 

そのためにも、公的社会保険を基本にした生命保険の見直しが
必要となります。
保険の見直しは保険のプロに無料で相談することもできますよ。

 

全国各地で対応可能な無料相談はこちら>>驚異の満足度96%!保険マンモス

 

 

老後の支えとなるのは、公的年金と退職金、企業年金です。
これらで不足する分を、貯蓄や生命保険で補います。

 

 

子育て中のときは、世帯主の万が一の事態に備えるために
終身保険や定額保険といった死亡保障の保険に
加入していたのではないでしょうか?

 

 

サラリーマン家庭の保険金額は、
1,500万円〜8,000万円程度の高額保障が多く、
毎月の保険料は、1万円〜4万円程度だといわれています。

 

 

これは、世帯主が亡くなった際の妻と子どもの生活費および
子どもの教育費などが必要となるために、
高額保障となっていました。

 

 

子どもが独立すると、子どもに対しての
経済的な援助の必要がなくなりますから、
今までに子供のために加入していた生命保険も
必要がなくなります。

 

 

このため、子どもが独立した中年世代は
死亡保障を減額する見直しを行いましょう。

 

 

子どもの独立後は、子どもの成長を支えるための
死亡保障は必要がなくなりますので、
夫婦ともに自分のお葬式代程度の死亡保障があればよいでしょう。

 

 

それなりに貯蓄がある場合は、
その貯蓄からお葬式代をまかなえますので、
そのときは死亡保障は必要ありません。

 

 

定期保険に加入していて、満期まであとわずかなら、
そのまま保障を終わらせるとよいでしょう。
もし、終身保険に加入しているならば、お葬式代と思ってそのまま継続します。

 

 

終身保険の金額によっては、
年金や介護保障に移行できる場合もありますので、
保険料の払い込みが終わる頃に保険会社に相談しましょう。

 

 

老後の備えとして、民間の個人年金保険に加入するという選択肢もありますが、
いまは個人年金保険の利回りがよくないので、
多額の保険料を払うことは避けた方がよいかもしれません。

 

 

もし、個人年金保険に入るのであれば、
老後資金の一つの方法として、ほどほどの金額に抑えましょう。

 

 

>>「生命保険金額の決め方 万が一の時に困らないようにするには!」のページに進む

 

>>「生命保険料を格安にするには?|見直すことで無駄が省けます!」TOPに戻る

 

 

スポンサードリンク

 


TOP 生命保険料を節約するには? 保険か貯蓄か 保険の主契約・保険の種類 生命保険見直しポイント