生命保険 結婚 見直し

生命保険は結婚したら見直しを!若い夫婦は高額保障は必要か?

スポンサードリンク

 

 

独身のときに生命保険に入っていて、結婚をして名字や印鑑が変わったり、
住所が変更になったり、保険料の払込方法を変更する場合、
また、契約者や受取人を変更する場合は、保険会社に連絡し、
契約している保険の変更手続きを行なうようにしましょう。

 

 

■新婚の夫婦の場合

 

結婚して間もない夫婦2人の生活では
多額の保障はあまり必要ありませんので、
万が一のために、お葬式代くらいの保障でよいでしょう。

 

 

夫婦共働きの場合は、それぞれが収入を得ていますし、
妻が専業主婦の場合でも、子どもの養育費なども必要がないため、
それほど高額な死亡保障は必要ありません。

 

 

夫婦とも500万円程度の死亡保障を目安にするといいでしょう。
これらの保障は生涯を通じて必要になりますので、
保険料が安い若い時に、終身保険として加入しておくとよいです。

 

 

夫が亡くなった場合、妻は家にいる必要がなくなりますから、
妻が働きに出るのであれば、夫の死亡保障はそれほど高額でなくてもよいですが、
夫が亡くなっても、妻が働けない、働きたくないという場合は、
妻が暮らしていく費用分の保障が必要とになります。

 

 

この場合は、保険金を2,000万円〜3,000万円程度上乗せする必要があります。

 

 

 

■妻が医療保険に加入するときに気をつけること

 

 

もし、妻が医療保険に加入するのであれば、
妊娠前の加入をおすすめします。

 

 

その理由は、妊娠がわかってから医療保険に契約すると
同じ保険料を支払っても、妊娠、出産の部分が
保障対象外となってしまうものがほとんどだからです。

 

 

切迫早産、切迫流産、帝王切開などの妊娠トラブルにあうと
長期入院になってしまう可能性が高いので、予想以上の出費になるケースもあります。
もし医療保険に加入するのであれば、妊娠がわかる前に入っておきましょう。

 

 

>>「生命保険は子供が生まれたら万が一に備えて保障の見直しを!」のページに進む

 

>>「生命保険料を格安にするには?|見直すことで無駄が省けます!」TOPに戻る

 

 

スポンサードリンク

 


TOP 生命保険料を節約するには? 保険か貯蓄か 保険の主契約・保険の種類 生命保険見直しポイント