生命保険 見直し

生命保険の見直し ライフスタイルの変化で保障内容も変えよう

スポンサードリンク

 

 

生命保険は一度加入したらもう安心!ではありません。

結婚、出産、転職、子どもの独立など、
人生の中でライフスタイルは変化していきます。

 

 

ライフスタイルが変わると、備えるべき保障内容も変わります。
保険はイザというときに役立つよう、
暮らしの変化に合わせて見直すことが大切です。

 

全国各地で対応可能な無料相談はこちら>>驚異の満足度96%!保険マンモス

 

 

 

生命保険を見直す際のポイントとは?
次のような項目をチェックしてみましょう。

 

1.生命保険に加入した目的は何?
2.ムダな生命保険に加入し、保険料は支払いすぎていないか?
3.保険金の額が適切に設定されているか?

 

 

 

■生命保険に加入した目的は何?

 

そもそも保険に加入した目的は何だったのかを
明確にしないと、見直しはできません。

 

 

・誰のために加入したのか?
・どのような事態になったときのためか?
・どれくらいの期間が必要なのか?
・どれくらいの保障額が必要なのか?

 

 

これをハッキリとさせましょう。

 

 

いまの生活に必要のない保険に加入していないか、
ムダな保険料を支払っていないかを、チェックしましょう。

 

 

 

■ムダな生命保険に加入し、保険料を支払いすぎていないか?

 

必要以上の保険に入っている場合、
または必要以上の保障額のある保険に入っている場合には
支払っている保険料が多すぎる場合があります。

 

 

保険料の支払いが負担になっている場合は、
複数の保険の優先順位を考えて、見直してみましょう。

 

 

 

■保険金の額が適切に設定されているか?

 

適切な保険金額とは、
将来にわたって必要となる遺された家族の生活費・教育費・住居費などの金額から
今ある貯蓄と遺族年金・配偶者の収入などの入ってくるお金を
差し引いた金額になります。

 

 

残された家族に必要な金額−貯蓄と遺族年金・配偶者の収入=保険金額
(通常この算出はファイナンシャルプランナーなどが行います)

 

 

算出した金額よりも加入している保険の保険金額が少ない場合には、
保障額を増やすことを考えます。

 

 

算出した金額よりも加入している保険の保険金額が多い場合には、
保障額を減らして保険料を少なくすることを考えます。

 

 

保険は、暮らしの変化にあわせて見直しをしていかないと、
ムダが多くなったり、必要なときの保障が
不足したりすることもあります。

 

 

 

保険の見直し時期のポイントは以下のとおりです。

 

 

■結婚して家庭をもったとき
■子どもが生まれたとき
■シングルマザーになったとき
■シングルファーザーになったとき
■ずっとシングルで通す場合
■ローンを組んで家を購入したとき
■子どもが独立したとき

 

 

このような場合に見直しを検討してみると良いと思います。
見直しには保険のプロに無料で相談することができますよ。

 

全国各地で対応可能な無料相談はこちら>>驚異の満足度96%!保険マンモス

 

 

>>「生命保険は結婚したら見直しを!若い夫婦は高額保障は必要か?」のページに進む

 

>>「生命保険料を格安にするには?|見直すことで無駄が省けます!」TOPに戻る

 

 

スポンサードリンク

 


TOP 生命保険料を節約するには? 保険か貯蓄か 保険の主契約・保険の種類 生命保険見直しポイント