遺族年金 金額

保険マンモス

遺族年金の金額|夫や妻が亡くなった場合の年金受給額とは?

 

子どものいる妻が夫を亡くしたとき、
国民年金から遺族基礎年金を受け取ることができます。

厚生年金加入の夫であれば、さらに遺族厚生年金も
受け取ることができます。

 

子どものいる家庭で妻が亡くなった場合、
夫には遺族基礎年金の支給はありませんでした。
(妻が社会保険であれば、遺族厚生年金は支給されます)

 

遺族基礎年金の対象は「子のある妻、または子」に限定されており、
「父・子」は支給の対象外となっています。

 

 

父子世帯にも遺族基礎年金を支給

 

2014年度から父子世帯にも遺族基礎年金が支給されるようになります。
2012年8月に成立した「社会保障と税の一体改革関連法」の中に、
これまで遺族基礎年金の支給対象外だった「父・子」を
支給対象に加える内容が盛り込まれました。

 

 

 

遺族基礎年金を受給できる要件とは

 

国民年金加入中、または国民年金をやめた後でも
年金を受ける資格がある人が亡くなった際に、
その人によって生計を維持されていた「子のある妻、または子」に、
遺族基礎年金が支給されます。
(子とは、18歳未満の子、または障害をもつ20歳未満の子)

 

 

年金加入中に亡くなった場合は、
死亡日の前々月までの保険料の納付状況について、
保険料を納めた期間と免除された期間が
加入期間の3分の2以上あれば、
遺族基礎年金を受け取ることができます。

 

 

ただし、平成28年3月31日までに死亡した場合は、
上記の要件を満たさなくても、
前々月までの1年間に保険料の滞納がなければ受給できます。

 

 

「子のある妻、または子」とは

 

父・母・子で 父が亡くなった場合 母・子に支給される
父・母・子で 母が亡くなった場合 父・子には支給されない(2014年から支給)

 

父・子で 父が亡くなった場合 子に支給される
母・子で 母が亡くなった場合 子に支給される

 

 

 

遺族基礎年金の年金額

 

子がある妻が受けられる年金額=786,500円 (月額65,541円)

 

子のある妻に支給される遺族基礎年金の額

 

  妻の遺族基礎年金786,500円+子の加算額

 

■子が1人ある妻は、1,012,800円の年金が受けられます。
■子が2人いる場合、2人目の子に226,300円が加算されます。
■3人目以降は1人につき、75,400円が加算されます。

 

 

 子の数        基本額       加算額       合計
子が1人いる妻   786,500円   226,300円   1,012,800円
子が2人いる妻   786,500円   452,600円   1,239,100円
子が3人いる妻   786,500円   528,000円   1,314,500円

 

子が4人以上いる妻の場合は、子が3人いる妻の額に1人につき75,400円を加算します。

 

 

 

子に支給される遺族基礎年金の額

 

 子の数      基本額      加算額       合計
1人のとき   786,500円     なし      786,500円
2人のとき   786,500円   226,300円   1,012,800円
3人のとき   786,500円   301,700円   1,088,200円

 

4人以上の時は、3人の額に1人につき75,400円を加算した額を人数で割った額です。

 

*厚生年金加入者は、遺族基礎年金に上乗せして遺族厚生年金が支給され、
 共済年金加入者は、遺族基礎年金に上乗せして遺族共済年金が支給されます。

 

 

 

サラリーマンの遺族厚生年金額

 

 平均標準   遺族厚生年金額
 報酬月額   年額     月額
 20万円   315,800   26,317
 25万円   394,800   32,900
 30万円   473,700   39,475
 35万円   552,700   46,058
 40万円   631,600   52,633
 45万円   710,600   59,217
 50万円   789,500   65,792
 55万円   868,500   72,375
 60万円   947,400   78,950
 62万円   979,000   81,583

 

 

 

公務員の遺族厚生年金額

 

 平均標準   遺族厚生年金額
 報酬月額   年額     月額
 20万円   379,000   31,583
 25万円   473,700   39,475
 30万円   568,500   47,375
 35万円   663,200   55,267
 40万円   758,000   63,167
 45万円   852,700   71,058
 50万円   947,400   78,950
 55万円  1,042,200   86,850
 60万円  1,136,900   94,742
 62万円  1,174,800   97,900

 

 

>>「高額療養費制度 計算|医療費は公的医療保険でカバーできる」のページに進む

 

>>「生命保険料を格安にするには?|見直すことで無駄が省けます!」TOPに戻る

 

 


TOP 生命保険料を節約するには? 保険か貯蓄か 保険の主契約・保険の種類 生命保険見直しポイント