独身女性 生命保険

独身女性の生命保険 若い人は必要性があるのでしょうか?

スポンサードリンク

 

 

独身女性で、ある程度まとまった貯蓄がある人は、
保険に入る必要性は低いです。

 

 

養うべき家族がいないならば、保険は不要です。
若いときや未婚のときは、死亡保険は必要ありません。

 

 

貯蓄がある人であれば、ケガをしたり病気になっても
医療費は払えるでしょうから。

 

 

もしものときのリスクを考えるならば、
都道府県民共済や全労済などの医療保険の
安いコースなどでカバーすることもできます。

 

 

基本的に医療保険はガンでも、婦人系の病気でも
保険が効きます。

 

 

女性の保険には、
「女性のための」「女性限定」「女性保険」などとうたった保険が
各保険会社から販売されています。
その保障内容は各社でまちまちですが、おおむね次のようなものです。

 

 

・女性が心配な病気を重点カバー
・傷あとを残さないための費用を負担
・ボーナス付き

 

 

女性保険に加入するのであれば、
内容をしっかりとチェックすることが大切です。

 

 

女性の場合、結婚によって家族構成が変われば
保障の範囲も変わりますし、
ご主人の保険に配偶者特約として保障される場合もありますので、
ライフスタイルの変化とともに考える必要があります。

 

 

入院や病気は民間の保険では効かないものもありますので、
もしものためには、やはり貯金をすることが大切です。

 

 

>>「生命保険の非喫煙者割引 死亡保険料がお安くなります!」のページに進む

 

>>「生命保険料を格安にするには?|見直すことで無駄が省けます!」TOPに戻る

 

 

スポンサードリンク

 


TOP 生命保険料を節約するには? 保険か貯蓄か 保険の主契約・保険の種類 生命保険見直しポイント