会社員 保険

会社員の保険 サラリーマンやOLの公的保障は充実しています

スポンサードリンク

 

 

生命保険の選び方は、独身か既婚か、扶養家族の人数、
年収、貯金の残高など、その人の条件によって異なってきます。

 

 

会社に勤めている人の場合、独身であれば、
基本的には、会社の保障で大丈夫でしょう。
サラリーマンやOLの方の公的保障はかなり充実しています。

 

 

会社員で子どもがいる家族の場合、
世帯主の夫が亡くなると、夫の国民年金と厚生年金保険から
遺族年金を受け取ることができます。

 

 

結婚して子どもが生まれたら、
万が一、夫が亡くなって収入が途絶えた後のことを考えれば、
子どもが独立するまでの間の教育費や生活費、
妻の老後の生活費についての必要な金額を計算し、
公的保障ではカバーできない分を保険で補うようにしましょう。

 

 

子どもが生まれてから独立するまでの一定期間の間、
長期的に家族を守ることのできる死亡保障を確保して万が一に備える
という方法もあります。

 

 

夫婦共働きで子供のいない人や生涯を独身で通す人などは、
死後に財産を残す必要がないため、死亡保険は不要かもしれません。

 

 

会社勤めの方の場合の医療保障は、
健康保険の高額療養費制度や傷病手当金制度などがありますので、
医療保険加入の優先順位は低いと思われます。

 

 

>>「自営業の生命保険 働けなくなった事態に備えましょう!」のページに進む

 

>>「生命保険料を格安にするには?|見直すことで無駄が省けます!」TOPに戻る

 

 

スポンサードリンク

 


TOP 生命保険料を節約するには? 保険か貯蓄か 保険の主契約・保険の種類 生命保険見直しポイント